首イボを自宅で治療する方法は2種類

 

ここでは首イボを自宅で治療する方法を紹介しています。
自宅での治療方法としては2種類です。

 

  1. ヨクイニン配合の化粧品を使う
  2. ヨクイニン配合の市販薬を使う

 

同じヨクイニンを利用するのですが、どちらの方法を利用するかにもよってメリットやデメリットは異なってきます。

 

化粧品であれば直接首イボのある部分に付けていくことで角質が剥がれる皮膚の働きを促進させていきます。
市販薬であれば口から摂取をすることでからだ全体の改善を行っていきます。

 

そのため効果があらわれるまでの時間にも変化が変わってきますし、購入できる店舗や金額、などなど違いが沢山あります。
それぞれどう違うのかなど紹介しているので詳しくはそれぞれのメニューをご覧ください。

首イボを自宅でお手軽に治療する人はコチラ記事一覧

首イボができる原因はスキンケアがしっかりとできていなかった為に肌の働きは弱まり、角質が剥がれずに皮膚に残ってしまったことです。この角質が集まってできたのでポツポツとあらわれ首イボや老人性イボとも呼ばれるのですね。そのため、化粧品でスキンケアを行うことによって角質を剥がす働きであるターンオーバーを促進させることによって、自然と落とすことができるのが化粧品による治療方法です。首イボにつける際に用いられ...

首イボを自宅で治療する方法のひとつで薬局やドラッグストアで販売されている市販薬を利用する方法があります。市販薬に含まれている成分の90%以上はヨクイニンと呼ばれるハトムギとなりあす。いくつかの種類の薬が製薬会社から販売がされていますが、どれを利用してもほとんど変わりはないかと思います。配合されている成分がほとんど同じとなるので・・・。有名な市販薬であれば「イボコロリ内服錠」です。大塚製薬より販売が...