首イボを病院で治療する方法は3種類

 

首イボを病院で治療する方法としては3種類の手術があります。

 

  1. 医療用ハサミで切り取る
  2. レーザーで焼ききる
  3. 液体窒素でイボの細胞を破壊する

 

以上の3つです。

 

自宅での治療とは違い肌の働きを利用して落とすのではなく、強引に取り除いてしまう方法となります。

 

そのため、痛いと感じることもあれば、傷跡として残る可能性もあります。
通院の手間もかかったりとするのでデメリットも色々とあります。

 

上記の3つの手術方法に関しては料金や痛み、傷跡の可能性などは大きく変わりはありません。
ただ、全ての病院で全ての治療法を行っている訳ではないので、通院する病院にもよって手術方法は異なります。

 

後は医者にもよって代わってきます。
それぞれメリットやデメリットを解説しているので詳しくは下記メニューより見たい手術についてご確認頂ければと思います。

 

 

首イボを病院で治療する方法についてはコチラ記事一覧

首イボを治療する方法のひとつとして一番お手軽にできるのが「医療用ハサミ」で切る方法です。皮膚をハサミで切って大丈夫なの?と心配になる人も多いですが、実際に病院で行われる方法のひとつとなります。また、なかには自分で切った経験をしている人も多いです。自分で切るのはおすすめできませんが・・・ここではハサミで切る治療方法についてのメリットやデメリットについて解説しています。また、何故自分で切るのはおすすめ...

首イボを病院で治す方法の一つで炭酸ガスレーザーを用いた方法があります。アクロコルドンやスキンタッグなどと呼ばれる角質が固まってできた老人性イボの手術の一つとなります。炭酸ガスレーザーを患部に直接照射することによって、皮膚細胞を死滅させ焼ききってしまう方法となります。流れとしては診察をして、見積もりなどをした後に後日手術を行っていくのが一般的です。そのため、費用としては初診費用にプラスして、手術代金...